読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スヌーピーコレクターのグッズコレクションを全て公開します

スヌーピーコレクターである私のグッズを紹介します。ファイヤーキング、ファミリアのぬいぐるみ、ロンハーマン、マグカップ、ポーター、ツルコミなどアンティークやヴィンテージなものまで40年かけて集めたコレクションです。

スヌーピーのファイヤーキングがハロウィンで登場!!

ファイヤーキングから

ハロウィンのマグが発売されました。
 
{BE7973D5-FA1F-400E-A714-624C722D77C9}

2種あって、両方ツボなので
二個とも買っちゃいました。
 
今回はクロスも付いていますよ!
かぼちゃの上に寝転ぶスヌーピー!
 
{C3BAA3A5-8B68-45E6-A5F5-12A740DE6C60}
後ろはライナス、チャーリー
ルーシーがいます。
 
チャーリー・ブラウンが
ぼくをみて、ぼくがかぼちゃ大王だよ。
と言っています。
 
でも、かぼちゃ大王の存在を信じてる
ライナスは、信じられないといった
顔をしていますね。
 
最近の日本でのハロウィンブームは
すごいですよね。
 
若者のイベントみたいになっちゃって
日本では本来なら中心になる
子供がおいてきぼりですね。
 
私もアメリカの大学に通っていたので
ハロウィンの日にスヌーピーの仮装を
して学校に行ったのですが
イギリス人の先生が少しあきれ顔で
「ハロウィンはお化けの仮装をするのが
本当なんだよ。」と言われ少し驚きました。
 
ヨーロッパから始まったハロウィンは
アメリカでは子供たちが思い思いの
仮装をして復活祭を楽しむお祭りに
変化して、
それが日本では若者の仮装パーティに
変化を遂げたんですよね。
 
西洋の文化を取り入れてアレンジするって
いうのは昔からの日本のお家芸ですからね。
 
{0B64E790-6325-43BE-8F67-431D427F59EA}
 
 
もうひとつの柄はピーナッツギャングが
ハロウィーンの仮装をしているものです。
 
たぶん1950年代のコミックのものです。
スヌーピーが被っているマスクなんですが
私はこれを大学のレポートで書いたことが
あるんです。
 
スヌーピー関係の何かの著書で、
このハロウィンの仮面はピーナッツの
作者のシュルツさんがピカソをモチーフに
しているという記事を読んだんです。
 
私がとっていたアートのクラスで
そのことについて書いたんですよね。
美術や音楽をこよなく愛していた
シュルツさんなら、そういった
ハイアートから自分の漫画に何らかの
モチーフを取り入れていたというのは
納得ができますよね。
 
シュローダ―が引いている楽譜も
本物のクラッシックの譜面だというので
芸術に詳しいシュルツさんだからこそ
だと思っています。

{B5EC53A6-ADEA-4616-A83A-F6E1B9C95352}
 
 
スヌーピーミュージアムでも
第一回展のときにも、このスヌーピーの
ハロウィンのマスクは使われていたので
私には思い入れの深い場面なので
みつけると本当に嬉しくなってしまうんです。
 
漫画ピーナッツの中にもたくさん登場する
ハロウィーンが日本にも浸透してくれて
本当に嬉しいです。
 
本来のハロウィンとは少し趣向がずれて
しまっていますが、経済効果があるのなら
OKとしておきたいと個人の意見では
ありますが私はそう感じています。
 
来年のハロウィンには、またどんな
スヌーピーグッズと出会えるのか
楽しみにしています!!
 
USJが近かったら
もっと買ってしまうんですけどね~